運動するためのコンディションを整えるスポーツ整体

ドクター

医療の現場で働く

女医

医療系の資格は、不況にも強く、就職には有利です。医療事務など、自分のライフプランに合った働き方ができる点で、女性にも人気です。資格を取得するには、専門の学校に通ってその分野について学ぶ必要があるでしょう。

もっと見る

予防とコンディショニング

女の人

これから求められる技能

スポーツ整体は運動によって起こるケガの予防やコンディショニングが行えます。スポーツでケガをしたあとの体の回復を助けることもできます。スポーツ整体はアスリートのサポートだけではなく、生涯スポーツの普及により国民全般の健康や福祉に貢献できます。スポーツ整体と言うと運動に関わるケガやコンディションの調整などに関わる仕事と思いがちですが、より広範な分野でその貢献が期待されています。ダイエットや筋力トレーニングに関わるサポートもスポーツ整体が期待されている分野です。より美しく健康的な体を手に入れるためのアドバイスやプランニングなどを行います。整体に関する知識の他に、カウンセリング能力や健康管理全般の知識が求められます。

健康で美しくあるために

現在の日本では長く生きるだけではなく、健康の質が求められています。より健康でより美しく活動的な毎日を過ごすためには、専門家によるサポートが必要となってきます。スポーツ整体は総合的な健康サポートが可能で、今後さらに必要とされる職業です。増え続ける医療費の問題もスポーツ整体にとっては追い風です。病気やケガをしてからの治療だと、どうしても医療費は高くなってしまいます。体に問題が発生してから対処するのではなく、毎日の生活の中でより能動的に健康な体を求めることで、医療費を抑えることが可能なのです。スポーツトレーナーなどと協力して、適切な運動を毎日の生活の中に取り入れることにより、健康な体を手に入れ、医療費の抑制といった社会貢献ができるのです。スポーツ整体師になりたいと考えている方もいると思いますが、実はこれを名乗るのに特別な資格は不要です。しかし、整体師として収入を得るためには、それなりの技術や知識が必要になります。そんなときのためにスポーツ整体師を養成するスクールに通うのがおすすめです。現役のスポーツ整体師が現場で必要になるノウハウを丁寧に教えてくれるので、整体を行う上で大切な知識や技術を着実に身につけることができます。

医療現場の福祉職として

医者

医療ソーシャルワーカー資格は資格そのものではなく要件であり、主に社会福祉士、精神科においては精神保健福祉士が挙げられます。通信制の養成施設もあるため働きながら取得することもできます。医療ソーシャルワーカーの業務範囲は幅広く、社会福祉士を配置することが望まれており、今後も需要が高まると考えられます。

もっと見る

日本特有の治療術

女の人

日本独特の利用方法と言われる柔道整復は、医療行為ではありませんが、医師の判断に頼らずに治療を施せます。柔道整復を業務で行うには柔道整復試験に合格する必要があります。その受験は認定を受けた学校等で学ぶことが条件ですので、まずは学校について調べてみましょう。

もっと見る